保育士のお給料について

保育士のお給料は、他の仕事に比べて安いことがほとんどです。


時間もまちまちで、残業や休日出勤があるのにも関わらず手当がつかない、1ヶ月のお給料が20万円を下回る、という保育園も多く存在します。
多くの方が、好きな仕事だからお給料が安くてもやっていける、というモチベーションに支えられています。

もちろん、雇用形態や年齢、または保育園によっても変わりますので一概には言えませんが、残念ながら多くの保育士が給与面での不満を抱えているのが現状です。



ですが、保育士の仕事はお金では到底買えないような経験や感動を与えてくれることでしょう。



子どもが好きだから、命を預かり責任を持って取り組む仕事だから、そして何よりもこの仕事が好きだから、という思いで保育園の経営は成り立っているのです。

近年、国から福祉関係への補助などが増えていますが、介護などが中心であり、まだ保育士の待遇改善までには至っていません。

待機児童問題も、資格を持つ方がいないわけではなく、お給料が安すぎるため生活できないから、という金銭面からの人員不足が問題なのです。

それを受け、保育士の給与を引き上げる取り組みが政府によって行われるのですが、どの程度改善されるかは正直なところ施行されるまでわからないのです。
保育園が足りないのではなく、保育園で働くことができる資格を持つ方が少ないわけでもありません。資格を持っていても、生活が成り立たないがためにその道をあきらめざるを得ないのです。



政府より今後の待遇改善が約束されている職業ですが、今後と現状を見据えた上で全力を尽くしていただきたいものです。